ここから本文です

豊川悦司、朝ドラ初出演 「愛してる-」の北川悦吏子氏と再タッグ「半分、青い。」

1/10(水) 16:43配信

デイリースポーツ

 永野芽郁(18)がヒロインを務め、4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(脚本・北川悦吏子)に、豊川悦司(55)が出演することが10日、同局から発表された。豊川の朝ドラ出演は初めて。豊川はヒロイン・楡野鈴愛が憧れ、弟子入りした師匠で売れっ子少女漫画家・秋風羽織役。

 豊川は、北川氏が脚本を担当した1995年のTBS系ドラマ「愛していると言ってくれ」に主演。大ヒットとなり、互いの出世作となった。その時に豊川が演じたのも聴覚を失った青年画家。今回はヒロイン・鈴愛が左耳の聴力を失い、豊川が漫画家という今作と似た設定でもある。

 01年「Love Story」以来17年ぶりのタッグで、北川氏は、豊川から「『愛してる-』で戦った戦友。僕たち朝ドラは最初で最後じゃないですか?がんばりましょう」と声を掛けられたという。

 豊川は「まったく自信はありませんが、弱きを武器に真摯(しんし)に努めて参ります。ビターアンドスィート、オールドベイビーな秋風羽織に少しだけご期待ください」と決意を寄せた。

 なお、秋風の漫画事務所でマネージメントを担当する美人パートナーを井川遙が演じる。