ここから本文です

16年七夕賞優勝のアルバートドックがイタリアで種牡馬入り

1/10(水) 16:26配信

スポーツ報知

 JRAは10日、2016年七夕賞・G3などに優勝したアルバートドック(牡6歳、栗東・須貝尚介厩舎)の競走馬登録を同日付で抹消したことを発表した。今後はイタリアで種牡馬入りする予定。

 同馬は父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー(父アンユージュアルヒート)の血統。14年9月にデビューし、3戦目に勝ち上がり。15年毎日杯4着、京都新聞杯3着に続く白百合Sでオープン初勝利。16年2月の小倉大賞典・G3で重賞初制覇し、同年の七夕賞で重賞2勝目を挙げた。同年の新潟記念2着で、サマー2000シリーズ王者に輝き、秋の天皇賞を目指していたが、左前脚の繋靱(けいじん)帯に軽い損傷が見つかり回避。その後、復帰することなく引退が決まった。通算18戦5勝。

最終更新:1/10(水) 16:26
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ