ここから本文です

紀宝町長選 平野氏が立候補を表明 多選を批判 三重

1/10(水) 11:00配信

伊勢新聞

 【南牟婁郡】任期満了(2月4日)の三重県紀宝町長選に向け、平野美津子町議(70)=同町鵜殿=が9日、立候補を表明し、熊野市役所で記者会見を開いた。無所属で立候補する。

 平野氏は「首長の多選は首長に権力が集中するため、権力の腐敗が進む」と通算5期目の西田健町長(69)を批判し、「地域住民の声を聞き町民が主人公の町政を目指したい」と語った。

 また、平野氏は鵜殿の住民グループ「新宮紀宝道路の路線変更を求める会」のメンバーとして活動しており、「当選すると、引き続き現在のルートを変更するよう求めていく」と話した。

 平野氏は紀宝町鵜殿出身。県立紀南高、名古屋女子短期大卒業後、昭和43年に旧鵜殿村役場に入庁。平成15年に旧鵜殿村議に初当選し、合併後の紀宝町議と合わせて通算4期目。

 町長選には西田町長が立候補を表明している。

伊勢新聞

最終更新:1/10(水) 11:00
伊勢新聞