ここから本文です

J.トーマス、昨季は最少記録で優勝 日本から宮里優作らが出場

1/10(水) 11:14配信

ISM

 米男子ツアーのソニー・オープン・イン・ハワイが現地時間11日、ハワイのワイアラエCCを舞台に開幕。日本からは宮里優作ら5選手が出場する。

男子世界ランキング TOP100

 昨季はジャスティン・トーマス(米)が初日に「59」というビッグスコアを叩き出す。最終的なスコアは通算27アンダーの「253」と72ホールの最少ストローク記録を更新し圧勝した。前週は22位タイ(34人出場)と優勝争いに絡めなかったが、ワイアラエCCではどう戦うのか注目だ。

 世界ランク2位のジョーダン・スピース(米)をはじめ、マーク・リーシュマン(豪)、昨季新人王のザンダー・シャウフェレ(米)、ダニエル・バーガー(米)、ケビン・キスナー(米)らも参戦。2018年初戦を制したダスティン・ジョンソン(米)、松山英樹はエントリーしていない。

 日本からは、宮里優作、小平智、今平周吾、片岡大育、小鯛竜也が出場。現在世界ランク51位の小平はマスターズ(現地時間4月5日/ジョージア州、オーガスタ・ナショナルGC)出場に向け、3月末付の世界ランキングで50位以内を目指す。

最終更新:1/11(木) 10:37
ISM