ここから本文です

人気漫画・海賊版に誘導「リーチサイト」開設者 起訴内容認める

1/10(水) 0:28配信

産経新聞

 人気漫画などの海賊版を無料で読めるサイトのURLをまとめて掲載し、利用者を誘導する「リーチサイト」を運営し、漫画データを違法に公開したとして、著作権法違反罪に問われたサイト開設者の無職、和宇慶(わうけ)真(まこと)被告(22)=堺市堺区=の初公判が9日、大阪地裁(飯島健太郎裁判官)で開かれた。和宇慶被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、和宇慶被告は、同罪に問われた男4人とともに国内最大規模のリーチサイト「はるか夢の址(あと)」(閉鎖)を運営・管理。共謀し、平成28年8月、人気漫画「NARUTO-ナルト-」の海賊版が公開されたサイトのURLをリーチサイトに掲載したとしている。

 冒頭陳述で、検察側は和宇慶被告が23年にサイトを開設し、「違法データの投稿者をランク分けし、それに応じた権限を与える制度を導入して投稿を増加させていた」と指摘した。

最終更新:1/10(水) 0:28
産経新聞