ここから本文です

【若駒ピカイチ】レジェンディスト

1/10(水) 9:40配信

サンケイスポーツ

 《戦評》外めの(10)番枠からハナを主張。道中のラップは緩く、マイペースの走りができた。4コーナーで2番手の馬に外から並びかけられたが、直線で追い出すと後続を引き離す一方。能力の違いを見せる圧巻の大差勝ちだった。

 《血統》父の産駒はブリーダーズゴールドC勝ちのマイティティーなど、ダート中距離の活躍馬が多数。兄姉にはJBCレディスクラシック連覇のミラクルレジェンド(父フジキセキ)、東京大賞典勝ちのローマンレジェンド(父スペシャルウィーク)といったダートの大物がいる。父母どちらの系統からも、主戦場はダート中距離になるのは間違いない。

 《将来性》兄姉は初勝利に多少時間を要したが、この馬はいきなり圧勝。馬体(450キロ)は大きくないが、そのぶん、軽快なスピードを持っている。もまれる競馬にはならなかったので、今後はレース経験が必要になりそうだが、将来的にはダートの重賞戦線で活躍できる器だろう。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ