ここから本文です

福島署長に久野氏 生活安全部長は横田氏か 県警人事

1/10(水) 10:06配信

福島民報

 福島県警本部の定期異動に向けた人事で、警視正ポストが固まってきた。福島署長に刑事部門の経験が豊富な久野浩生活安全部長、生活安全部長に生活安全部門に精通している横田雄也首席監察官の起用が有力となっている。
 6月に南相馬市で開催される全国植樹祭の警備体制を早期に整備するため、阿部栄交通部長と佐藤正人警備部長は留任するもよう。
 警視正に昇任するのは国分政康総務監と斎藤佳史警務課長、佐治誠会計課長の3人で最終調整している。郡山署長には国分氏、首席監察官に斎藤氏、いわき中央署長に佐治氏の線で検討している。
 部長級ポストの人事作業も進んでいる。定年で空く地域部長には橋本康学校長、総務監に佐藤実交通企画課長、学校長に渡部学いわき東署長を軸に人選している。植樹祭の警備を重視し、高沼広行警備監は留任する可能性がある。

福島民報社

最終更新:1/10(水) 11:30
福島民報