ここから本文です

県外最終処分「丁寧に」 中川環境相、内堀知事と会談

1/10(水) 10:09配信

福島民報

 中川雅治環境相は9日、福島県庁を訪れ内堀雅雄知事と会談した。除染廃棄物の県外最終処分に向けて、除染土壌の再生利用などで処分量を抑制する必要があるとした上で「再生利用の安全性や必要性を説明しながら丁寧に進める」と述べた。
 中川氏は、除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)の整備を促進する一方で、廃棄物の総量を減らすための技術開発と実証実験にも力を入れると強調。帰還困難区域内に整備する特定復興再生拠点の除染、家屋解体も着実に進めるとした。
 中川氏は吉田栄光県議会議長、柳沼純子副議長とも面会し、環境回復事業の進捗(しんちょく)状況などを報告した。
 10日は中間貯蔵施設などを視察する。

福島民報社

最終更新:1/10(水) 11:35
福島民報