ここから本文です

鈴鹿市消防 昨年出動状況 救急9292件で過去最高 三重

1/10(水) 11:00配信

伊勢新聞

 【鈴鹿】三重県の鈴鹿市消防本部は、平成29年中の火災・救急出動状況速報を発表。救急出動件数が9292件で、前年比566件の増加となり過去最高となった。同本部では「急病の増加が出動件数増加の底上げにつながったのは事実だが、急病が増加した要因については今後分析を進める」と話す。

 事故種別ごとの内訳は、急病5920件(前年比446件増)、一般負傷1356件(前年比104件増)で増加が顕著になるとともに、全体の約8割を占めた。

 火災件数については50件で前年比18件増。建物火災が全体の62%を占める。死傷者はゼロで増加が顕著になった。前年比2人減少したが、負傷者は7人で前年比5人増となった。

伊勢新聞

最終更新:1/10(水) 11:00
伊勢新聞