ここから本文です

週間天気 日本海側では冬型・寒気で荒天警戒

1/10(水) 5:31配信

ウェザーニュース

強烈な寒気で大雪に

 今週は冬型の気圧配置になり、強い寒気が流入。日本海側では雪や雨の日が多く、荒天に警戒が必要です。

 週末にかけて冬型の気圧配置となる影響で寒気が南下し、特に11日(木)~13日(土)はかなり強い寒気に覆われる見込みです。この寒気の影響により、北日本の日本海側や北陸では大雪に加え、雷や突風、アラレなど、激しい現象を伴う恐れがあります。

 また、西日本の日本海側では平野部でも大雪の可能性があるため、タイヤチェーンや除雪道具の準備など、雪に向けての備えを早めにするようにしてください。

北日本・日本海側の天気

 冬将軍が猛威をふるいます。日本海側を中心に大雪・吹雪の恐れがあり、視界不良に注意が必要です。発達した雪雲による激しい雪で、積雪が急増する恐れもあります。雪かきはこまめに行うようにしてください。

 また、寒気が居座るため、厳しい寒さが続きます。

太平洋側の天気

 今週は晴れる日が多くなります。ただ、日本海側から雪雲や雨雲が流れ込んでくることもありそうです。

 晴れても強い寒気の影響で気温は低め。昼間も10℃に届かず寒い日が続きます。また、朝は氷点下の冷え込みとなる日もありそうです。

 沖縄では、寒気の影響で雲が広がりやすく、すっきりしない天気が続きます。気温も低めの日が多く、北からの風が冷たく感じられそうです。

ウェザーニュース