ここから本文です

山本未來、ジャッキー・チェンとの共演でムキムキになった撮影裏話を披露

1/10(水) 13:00配信

テレ朝POST

1974年11月4日生まれ。東京都出身。映画、ドラマ、CMで活躍中だが、ジャッキー・チェン監督映画『WHO AM I?』、映画『不夜城』、映画『花影』など国際色豊かな作品にも出演。2017年10月の「第30回東京国際映画祭」には車椅子で登場し、周囲を驚かせた山本さんに都内でインタビュー。

◆山本未來、不意のケガも、役の上での息子に助けられ…

-東京国際映画祭では車椅子で驚きました-
「皆さんを驚かせてしまい大変ご心配いただきましたが、もう治りました(笑)」

-怪我をされたときの状況は?-
「自宅で階段を踏み外してしまって。自分では捻挫だと思っていたんですね。でも痛みが引かないので、おかしいなと思っていたら骨折だったんです」

-東京国際映画祭までには完治が間に合わなかったのですね-
「そうですね。急遽(きゅうきょ)、車椅子で出席させていただくことになってしまいました」

-周囲の皆さんにはどのように?-
「映画祭の日は『息子役の七瀬公君が車椅子を押して下さることになりました!』という連絡をスタッフの方からいただいたので、七瀬君へ『せっかくの晴れ舞台なのに、車椅子で下半身が隠れちゃうし、ごめんね』って謝ったら、『大丈夫です』って励まされました。

劇中で私の父親役の長塚京三さんが車椅子のシーンがあって、彼がずっと押していたんです。『だから僕は車椅子のプロなので、まかせておいてください』って」

-車椅子は初めてですか?-
「初めてです。でも松葉杖のエキスパートにはなりました。ギブスをしてからだったんですけど、安全を期して2ヵ月間はずっと使っていたので」

山本未來プロフィール
1992年、16歳のときに応募したオーディションで36000人のなかから選ばれ、映画「喜多郎の十五少女漂流記」で女優デビュー。母親業の傍ら、映画、ドラマ、CMで活躍中。

◆ジャッキー・チェンとの共演でムキムキに?

-お子さんもいらっしゃいますが、全然プロポーションも変わらないですね-
「そんなことはないですけど、一応、できるだけの努力はしています」

-一度も太ったことはないんですか?-
「いえ、ありますよ。役で太ったことがあります。

ジャッキー・チェンが監督・主演の『WHO AM I?』という映画だったんですけど、日本人のF1ラリーレーサー役だったんですね。それで、もう少し太って欲しいと言われて4キロぐらい太りました。『もう少し、未來、体重つけて』って言われて。

ジャッキーは毎日トレーニングされていましたし、スタントの方も一緒にジムでやられていたんです。それで、私も見よう見まねでやり始めたら、男性の筋肉を付けるエクササイズなので、どんどんムキムキ化しちゃって…。途中でジャッキーに『未來、もうやめて。それ以上太らなくて良いから』って言われちゃって(笑)」

-スクリーンで見ていると、そんな風には見えなかったですけど-
「衣装がつなぎのウェアだったので、そのときにはあまりわからなかったかもしれないですけど、タンクトップのシーンでは、かなりムキムキしていました。(笑)

自分ではそんなに思ってなかったんですけど、筋肉の付け方が、もしかすると男性向きにやっちゃったから、間違えたんだなって」

-痩せている人は筋肉が付きやすいということでしょうか-
「要するにジャッキーが付けようと思っているような筋肉なので、体つきが良くなる付け方なんです。それと同じように、自分のなかでも最大限の重りを使ってやってしまったりしていて。女性はしなやかになりながらも筋肉を付けるのであれば、今は多分、そういうアプローチではないと思うんですけど、まだ経験がなかったので」

-でも楽しそうでしたね-
「そうですね。海外での長期ロケが色々と面白かったです。ジャッキーは優しくもあり、ときには厳しさもあり、本当のプロですね」

1/2ページ

最終更新:1/10(水) 13:00
テレ朝POST