ここから本文です

次期WRX STIか!?スバルがヴィジヴ パフォーマンス STIコンセプトを初公開

1/10(水) 11:01配信

オートックワン

スバルは、モータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、2018年1月12日~14日に幕張メッセで開催される東京オートサロン2018に出展する。

>>スバル ヴィジヴ パフォーマンス STIコンセプトを画像でチェック

スバルブースでは、スバル×STIの将来ビジョンを具現化したコンセプトカー「ヴィジヴ パフォーマンス STIコンセプト」を出展。

また、走りの愉しさや走行安定性を追求したSTIパフォーマンスパーツを装着したレヴォーグ STIスポーツ -STI Performance-/BRZ STIスポーツ -STI Performance-のほか、モータースポーツ車両ではWRX STI NBR CHALLENGE 2016やBRZ GT300 2017、歴史車両などを展示する。

■ヴィジヴ パフォーマンス STIコンセプト
ヴィジヴ パフォーマンス STIコンセプトは、017年10月に開催された東京モーターショーに出品されたヴィジヴ パフォーマンスコンセプトをベースとしているが、同モデルは次期WRXとウワサされており、今回はそのSTIバージョンが早くも披露される。

専用のフロントバンパーやサイドシルスポイラー、トランクスポイラーは、STIコンプリートカーらしいハイパフォーマンスをイメージさせるとともに、空力特性の向上により走行安定性を高めるなど、クルマ本来の性能にも磨きをかけ、高いレベルで安心と愉しさを実現している。

スバルのクルマ作りのフィロソフィーである「走りを極めれば安全になる」という考え方のもと、世界トップレベルの走りを目指し、情熱と夢を注ぎ込むSTIの「挑戦」を形にした。

■レヴォーグ STIスポーツ -STI Performance-/BRZ STIスポーツ -STI Performance-
レヴォーグ STIスポーツとBRZ STIスポーツに、STIがレース活動や試験によって磨いてきた技術を用いて開発するSTIのパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズモデル。

走行性能を高めるフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上を図るエアロパーツ等、ドライバーが意のままに操れるハンドリングと走行安定性を更に高める高性能パーツを提案する。

■その他の出展車
・S208(参考出品車)
・BRZ GT300 2017(モータースポーツ参戦車)
・WRX STI NBR CHALLENGE 2016(モータースポーツ参戦車)
・レガシィRS 1993 NEW ZEALAND RALLY(モータースポーツ歴史車)
・インプレッサ 555 1996 SAN REMO RALLY(モータースポーツ歴史車)

最終更新:1/10(水) 11:21
オートックワン