ここから本文です

欧州得点ランク、現時点での1位はラツィオのインモービレ

1/10(水) 10:35配信

SPORT.es

イタリアセリエA第20節、SPALと対戦したラツィオはFWインモービレの4ゴールにより2-5と勝利し、順位を4位に順位を上げた。

4ゴールと大活躍のインモービレ。これによりリーグ戦20ゴールを達成し、現時点での今季のヨーロッパ・ゴールデンシューのランクトップに躍り出た(40ポイント)。僅差でパリ・サンジェルマン(PSG)のカバーニが2位につけている(38ポイント)。

ゴールデンシューの評価方法は、各国リーグのレベル毎にそれぞれの係数を与え、それを得点に掛けて計算するポイント制である。UEFAリーグランキング 1位から5位のリーグは得点数×2、6位から21位のリーグは得点数×1.5、22位以下のリーグは得点数×1となっている。

そして3位にプレミアリーグで活躍するトッテナムのハリー・ケイン、そしてインテルのエース、マウロ・イカルディが34ポイントと同率でランクインしている。

リーガ・エスパニョーラのトップはFCバルセロナのレオ・メッシである。メッシは今季16ゴールをあげ、32ポイントとなっている。
一方、スペイン人トップはポーランドのグルニク・ザブジェで活躍するイゴール・アングーロだ。アングーロは今季19ゴールをあげており、28.5ポイントとなっている。

以下、ゴールデンシューランキング(暫定)
1.チーロ・インモビーレ(ラツィオ):20ゴール×2.0=40ポイント

2.エディソン・カバーニ(PSG):19ゴール×2.0=38ポイント

3.ハリー・ケイン(トッテナム):18ゴール×2.0=36ポイント

3.マウロ・イカルディ(インテル):18ゴール×2.0=36ポイント

5.モハメド・サラー(リバプール):17ゴール×2.0=34ポイント

6.リオネル・メッシ(バルセロナ):16ゴール×2.0=32ポイント

7. ファルカオ(モナコ):15ゴール×2.0=30ポイント

7. ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン):15×2.0=30ポイント

9.ジョナス・ゴンサウヴェス(ベンフィカ):19×1.5=28.5ポイント

9.イゴール・アングーロ(グルニク・ザブジェ):19×1.5=28.5ポイント

(文:EFE)

SPORT.es

最終更新:1/10(水) 10:35
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報