ここから本文です

おいしい安納芋いかが 浦和競馬場でチャリティー販売会、12日まで開催 正月初開催イベントとして定着

1/10(水) 10:30配信

埼玉新聞

 NPO法人さいたま市鹿児島県人会と関東種子島会は、埼玉県さいたま市南区の浦和競馬場で、鹿児島県種子島特産のサツマイモ・安納芋のチャリティー販売会を12日まで開催している。

 種子島特産の安納芋は高い糖度と小柄な形が特徴。販売会は今年で5年目となり、浦和競馬の正月初開催イベントとして定着。1個150円で販売され、売上金は市社会福祉協議会に寄付される。

 鹿児島県人会理事長で種子島出身の竹之内康一・県馬主会会長は「安納芋のおいしさを大勢の方に味わっていただきたい。販売会を通じて鹿児島県の魅力を伝えるとともに、さいたま市に少しでも貢献していきたい」と話している。

 今開催の浦和競馬では「深谷まるごと」シリーズと題したイベントを実施。特産品販売(11日まで)や、「ふっかちゃん」の開門あいさつ(10日)などを予定。12日には浦和競馬所属騎手のサイン入りグッズなどが当たる抽選会が行われる。

最終更新:1/10(水) 10:30
埼玉新聞