ここから本文です

保険の顧客から1900万円詐取 福山東署、容疑で元社員逮捕

1/10(水) 23:07配信

山陽新聞デジタル

 うその保険契約を持ちかけて顧客から現金1900万円をだまし取ったとして、福山東署は10日、詐欺の疑いで、ソニー生命保険元社員の岡山県井原市西江原町、食品加工作業員の男(52)を逮捕した。

 逮捕容疑は、同社福山支社(広島県福山市紅葉町)に勤めていた2015年4月初旬と16年10月中旬、顧客の配送作業員男性(30)=岡山県総社市=に「現在契約している保険はローリスク・ローリターンなので挑戦的な商品に乗り換えませんか」などと持ちかけ、同11月下旬までの2回にわたり同支社で現金を詐取した疑い。容疑を認めており、動機などを調べている。

 同署によると、男は契約していた保険を一部解約させるなどして男性に金を支払わせていた。昨年12月上旬、男性から同署に被害届が出されていた。

 同社広報部によると、男は2000年に入社。福山支社で営業を担当していたが、酒気帯び運転で事故を起こし17年7月に自主退社した。担当していた別の顧客から退社後に契約確認の問い合わせがあり、社内調査で不正が発覚。他にも詐欺とみられる被害の訴えが同社に複数寄せられているという。

 同社は「元社員が逮捕されたことは大変遺憾。深くおわびする」としている。