ここから本文です

那覇でヒカンザクラ開花 平年より8日早い

1/10(水) 11:58配信

ウェザーマップ

 きょう10日午前、沖縄気象台は那覇市でヒカンザクラが開花したと発表した。平年より8日、昨年より4日早い開花。
 全国的に寒さが厳しくなっている中、ひと足早い春の便りとなった。

 ヒカンザクラ(緋寒桜)はサクラの原種の一つで、旧暦の正月あたりに咲くことから、ガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもある。
 沖縄や奄美地方では、ヒカンザクラを本州のソメイヨシノの代わりとして観測している。

 さくらの開花日とは、標本木で5~6輪以上の花が開いた状態となった最初の日の事で、ソメイヨシノやヒカンザクラともに同じ基準となっている。

最終更新:1/10(水) 12:15
ウェザーマップ