ここから本文です

NEC、独自の衛星管制センターを公開 衛星利用ビジネスへ意欲

1/10(水) 19:03配信

sorae.jp

日本電気(NEC)は2018年1月10日、近く打ち上げ予定の地球観測衛星「ASNARO-2」を管制する「NEC衛星オペレーションセンター」を公開した。

日本初、衛星メーカーのオペレーションセンター誕生

NEC衛星オペレーションセンター(以下、オペレーションセンター)は都内にあるが、正確な場所は非公開。従来、日本国内には衛星を運用するJAXAやスカパーJSATなどの施設はあるものの、NECのように衛星メーカーが自らオペレーションセンターを設けるのは初めてとのことだ。

オペレーションセンターに並ぶスクリーンやコンソールの画面をよく見ると、全てWebブラウザ。運用機能は別の場所にあるサーバが担っており、オペレーションセンターは画像表示や入出力のみを行う、いわゆる「シンクライアント」の構成だ。別のNEC事業所内にもバックアップのオペレーションセンターが設けられ、災害時などにも運用を継続する。

管理者1名とオペレーター10名の合計11名分の端末が並ぶが、通常の運用は数名程度で、交代時の引継ぎや予備を考慮して多めに用意された。大型スクリーンに表示された画像のうち、左端は撮影要求の入力画面。地図アプリをよく似た画面上で撮影したい地点や範囲を指定すると、衛星がその場所を撮影計画が自動的に作成される。左中の画面は衛星の場所や撮影のための姿勢変更などを見せるCG映像。

中右の画面は運用計画を時間軸で並べたスケジュール表、右端は衛星の状態などを表示する画面だ。このように、右側の2画面は従来の衛星と同じで専門的な知識がないと理解できない一方、左側の2画面は直感的でわかりやすい。衛星を様々なユーザーに利用してもらうために、わかりやすさを志向した画面になっている。またオペレーションセンターの内装デザイン自体、高級感もある装飾がされており(撮影を許可された範囲が限られたのが残念だ)、実用本位の従来の施設とは異なるビジネスでのイメージ演出の狙いが見える。

ASNARO2は1月17日にJAXAのイプシロンロケット3号機で打ち上げ予定で、衛星開発部門での機能確認などの後、オペレーションセンターでの運用が開始される予定だ。

1/2ページ

最終更新:1/10(水) 19:03
sorae.jp