ここから本文です

一足早く春の訪れ 富山駅に啓翁桜を展示/富山

1/10(水) 11:48配信

チューリップテレビ

 富山市山田地域特産の啓翁桜(けいおうざくら)と切り花などを使ったフラワーアレンジメントの展示が、富山駅ではじまりました。

 フラワーアレンジメントの展示は富山駅を訪れた人に季節を感じてもらおうと北陸新幹線の開業を機に富山市が2年前から始めたものです。
 今回は「富山の春」をテーマに「ピンポン菊」や「はぼたん」など5種類の切り花360本が生け花として富山駅の自由通路に展示されています。
 メインで使用されているのは富山市山田(やまだ)地域特産の啓翁桜(けいおうざくら)で先月収穫した切り枝を20度前後に温度管理したビニールハウスで促成栽培し通常よりも3か月早く開花させたものです。
 駅を訪れた人たちは、色とりどりの花を見ながら一足早い春を感じていました。
 このフラワーアレンジメントの展示は今月16日までです。

チューリップテレビ