ここから本文です

西~北日本 日本海側中心に大雪に警戒・注意を 西日本は平地も積雪

1/10(水) 17:13配信

ウェザーマップ

 北日本の上空およそ5000メートルに-36℃以下の寒気が流れ込み、日本付近は冬型の気圧配置が強まっている。強い冬型の気圧配置は13日(土)にかけて続くため、西日本から北日本の日本海側を中心に大雪やなだれに警戒・注意が必要だ。

暴風雪・高波

 北日本の日本海側を中心に、雪を伴った強い風が吹いているところがある。強い冬型の気圧配置や低気圧の影響で、北海道で11日は猛ふぶきとなるところがあり、北陸では11日にかけて大しけとなるところがある見込み。
 
■11日にかけて予想される最大瞬間風速
北海道  35メートル

■11日にかけて予想される波の高さ
北陸   6メートル

大雪

 西日本から北日本にかけて、10日午後3時までの24時間降雪量が40センチを超えているところがある。西日本から北日本の日本海側を中心に、今後も断続的に降雪が続く見込み。西日本の平地でも雪の積もるところがあるため、路面の凍結による交通障害、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理、樹木や電線への着雪にも注意が必要となる。

■11日夕方までの予想降雪量(多い所)
北陸           70センチ
東北、東海、中国、中国  50センチ
北海道          40センチ
関東甲信、近畿、九州北部 30センチ
四国           20センチ
九州南部         15センチ

 その後も13日(土)にかけて、降雪量が多くなると予想されるため、大雪による交通障害やなだれに警戒・注意が必要だ。

最終更新:1/10(水) 17:16
ウェザーマップ