ここから本文です

ホンダ、コミュニケーションロボットのコンセプトモデルなどをCESで公開

1/10(水) 13:01配信

オートックワン

ホンダは、2018年1月9日(火)~12日(金)まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催されている世界最大級の家電見本市CES 2018(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に出展し、ホンダの目指すロボティクスの方向性についてプレゼンテーションを行った。

>>ホンダがCESに出展するモデルを画像でチェック!(39枚)

また、人と共感するコミュニケーションロボットのコンセプトモデル「3E-A18」や、プラットフォーム型のロボティクスデバイス、「Honda Mobile Power Pack」とそれを活用したプラットフォーム、「Honda Xcelerator(ホンダ・エクセラレーター)」※1がスタートアップ企業とオープンイノベーションで開発に取り組む技術などを公開した。


※1 Honda Xcelerator:米国カリフォルニア州シリコンバレーを中心に、グローバルで優れた技術の発掘を行い、イノベーターとの協業を促進するプログラム

出展一覧

~「Empower・Experience・Empathy」で取り組むロボティクス~

◎3E-A18
「Empathy=人と共感する」をテーマとする、人と触れ合い、暮らしに溶け込むコミュニケーションロボットのコンセプトモデル。
CIを搭載しており、人の感情を認識して、豊かな表情と音や動きでコミュニケーションを行い、人の行動をサポートする。柔らかい外装や丸みを帯びた親しみやすい形は、抱きしめたり、触れた時に心地よく、万が一、衝突した際の安全性を考慮した。
また、これまでのロボティクス研究で培った、バランス制御技術と、あらゆる方向に移動できる機構を搭載することにより、どのような方向からぶつかっても衝撃を受け流すことができ、人と一緒にスムーズに移動する。

◎3E-B18
「Empower=人の可能性を拡大する」をテーマとした、日常の行動を支え、目的地までのラストワンマイルの移動をサポートするプラットフォーム型ロボティクスデバイス。
コンパクトなサイズ、坂道でも姿勢を保てる制御を備え、チェア型のパーソナルモビリティーとしての活用はもちろん、上部のアタッチメントを変えることで、ベビーカーや荷物カートなど、さまざまな活用が可能。
CIを搭載しており、人の意図することに違和感なく追従して動くコンセプトモデルである。

◎3E-C18
「Experience=人と共に成長する」をテーマとする、CI搭載のプラットフォーム型ロボティクスデバイス。
人との関わりを通して学び、より人のためになるよう自らを成長させていきます。また上部のアタッチメントを交換することで、物販、移動広告など様々な役割を果たすことができる。

◎3E-D18
「Empower=人の可能性を拡大する」をテーマとする、CI搭載のプラットフォーム型ロボティクスデバイス。
上部のアタッチメントを交換することで、消火活動や農作業、スポーツのトレーニングサポートなど、さまざまな役割を果たす。走破性にも優れており、農場や山間部などの路面状況の悪い場所でも自律的な活動が可能だ。

1/3ページ

最終更新:1/10(水) 13:01
オートックワン