ここから本文です

【NBA】我が道を行くラッセル・ウェストブルック「チームメートが楽しくやることが大事」

1/10(水) 16:10配信

バスケット・カウント

批判を意に介さず、チームのために粉骨砕身

写真=Getty Images


『ミスター・トリプル・ダブル』の異名を取るサンダーのラッセル・ウェストブルック。今シーズンもすでに14試合で『トリプル・ダブル』を達成しているのだが、周囲から「ボールを独占している」であるとか「個人スタッツを重視している」などと批判を受けることも少なくない。

だがウェストブルックは、そうした批判をまったく意に介していない。ポール・ジョージ、カーメロ・アンソニーとの新チームが機能し始めた今、『NewsOK』とのインタビューで彼は、「一緒にプレーして楽しいと感じられる選手かどうか、なんて疑問を持たれる唯一の存在だろうね」と自分のことを語る。

「でも、そう言われたって構わない。気にもならないよ。俺はチームメートが楽しくプレーしているかどうかを重視しているし、実際にどのシーズンも仲間とは楽しくプレーし、切磋琢磨しあっている」


またウェストブルックは、チームリーダーとして自分自身にプレッシャーをかけていると話す。

「ニック・コリソンと自分がチーム在籍年数が一番長いから、俺は自分にプレッシャーをかけているんだ。俺たちが着るサンダーのジャージーがオクラホマシティで求められる基準は高い。チームを代表して戦うわけだから、自分に重圧をかけている。俺がそうすることで、チームに加わった選手もその基準を理解してくれるはずだからね」

チームが機能し始めた背景には、ジョージとアンソニーが各自の役割を理解したことが大きい。それもこれも、日々『ミスター・サンダー』の取り組みを目の当たりにし、ウェストブルックのチームの一員であることを自覚したからだった。サンダーを背負う気概を持っているからこそ、ウェストブルックは周りから何を言われても気にせず、今後も自身のバスケットボール道を追い求めていく。

バスケット・カウント