ここから本文です

峰なゆか、番組出演後の苦情を告白「自撮りと違う」 “巻き込まれ加工”は許せるか

1/10(水) 14:30配信

AbemaTIMES

 漫画家の峰なゆかが『必殺!バカリズム地獄』に出演。番組出演後の苦情を告白した。

 今回番組では、峰の他、タレントの野呂佳代、モデルでタレントの鈴木奈々、川上愛も登場。鬼ギレエピソードを語った。

 一般人からの鬼ギレエピソードとして「なんでもかんでもインスタ中心の生活でインスタ映えと言われる風潮」が紹介されると、峰は「私も自撮りと本物がいつも違うって、動画に出たあとクレームがくる」とコメント。

バカリズム、写真の加工に巻き込まれる? 「こっちもつるつるに……」

 番組MCのバカリズムから「加工はしていないんですか?」と問われると、峰は「加工しています。顎を短くしています」と告白。自撮り写真の顔の形を変えていると話した。これを聞いた野呂は「逆に加工しないで(SNSに)載せるのが流行っている」と説明。最近では、海外セレブの影響などから加工せずに載せるのがお洒落であるという風潮があるとした。

 バカリズムは「僕は加工しないけど」としたうえで「加工をするタイプのタレントと写ったときにSNSに載せられると、こっちもつるつるに(加工)される。巻き込まれている感じがして嫌」と話すと、峰は「私も加工しないままのほうがお洒落だと思っている人と撮ったときに、加工されないまま載せられるのは嫌ですよ」と語り、スタジオの笑いを誘った。
(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:1/10(水) 14:30
AbemaTIMES