ここから本文です

ワウリンカ 肩の負傷で急遽棄権、代役はラオニッチ<男子テニス>

1/10(水) 17:44配信

tennis365.net

タイブレーク・テンズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は10日、男子テニスで世界ランク9位のS・ワウリンカ(スイス)が肩の負傷を理由にエキシビションのTie Break Tens(タイブレーク・テンズ)を棄権したと発表した。ワウリンカの代わりに世界ランク23位のM・ラオニッチ(カナダ)が出場する。

【1日限りのエキシビ 組み合わせ】

元世界3位のワウリンカは昨年7月に膝の負傷を理由に年内全大会を欠場。その後は手術を受けていた。

2014年の全豪オープンで四大大会初優勝を飾ったワウリンカは、7日にセンターコートのロッド・レーバー・アリーナで世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)と打ち合い、復帰へ向けて準備をしていた。

一方、急遽ワウリンカの代わりに出場するラオニッチは、昨年の楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)2回戦で途中棄権をして以降、けがにより公式戦の舞台に立っていなかった。前週のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)2回戦で復帰したが、18歳のA・デ ミナー(オーストラリア)に4-6, 4-6のストレート負けを喫している。

10日に行われるタイブレーク・テンズにはナダル、N・ジョコビッチ(セルビア)、N・キリオス(オーストラリア)、D・ティーム(オーストリア)、L・プイユ(フランス)、T・ベルディヒ(チェコ共和国)、L・ヒューイット(オーストラリア)も参戦予定。

tennis365.net

最終更新:1/10(水) 17:44
tennis365.net