ここから本文です

ドヌーブさん「口説く自由ある」告発運動に警鐘

1/10(水) 11:18配信

読売新聞

 【パリ=作田総輝】フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブさん(74)や女性作家ら100人は9日、仏ル・モンド紙に連名で寄せた公開書簡で「女性を口説く自由は認められるべきだ」と訴え、世界に広がるセクハラ告発運動の行き過ぎに警鐘を鳴らした。

 ドヌーブさんらは「性暴力は犯罪だが、誰かを口説こうとするのは、たとえしつこかったり、不器用だったりしても犯罪ではない」と指摘。「膝を触ったり、軽くキスをしようとしただけで男性は制裁を受け、職を失っている」と男性側を擁護した。

 米国の映画プロデューサーのセクハラ騒動をきっかけにした告発の動きを「魔女狩りだ」と非難し、同調しない女性が「裏切り者」のように扱われている現状に苦言を呈した。

最終更新:1/10(水) 11:38
読売新聞