ここから本文です

グラミー生涯業績賞にクイーン/ティナ・ターナー/ニール・ダイアモンドらが選出

1/10(水) 15:42配信

Billboard Japan

 2018年1月9日、【グラミー賞】を主催するナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス(レコーディング・アカデミー)が、今年の生涯業績賞にティナ・ターナー、クイーン、ニール・ダイアモンド、ハル・ブレイン、エミルー・ハリス、ルイ・ジョーダン、そしてミーターズが選ばれたと発表した。

 レコーディング・アカデミーの評議員会により決定されるこの賞は、レコーディングの分野に強い影響を及ぼす芸術的貢献を行ったパフォーマーに贈られる。2018年夏には特別な授賞式と記念コンサートが行われる。

 また、レコーディング・アカデミーは他にも2つの特別功労賞を発表している。2018年の理事会賞にはビル・グレアム、シーモア・スタイン、ジョン・ウィリアムズが、そして技術賞にはトニー・アグネロとリチャード・ファクターが選ばれている。

 【第60回グラミー賞】授賞式は2018年1月28日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催される。

最終更新:1/10(水) 15:42
Billboard Japan