ここから本文です

アルバートドックが引退、イタリアで種牡馬入り

1/10(水) 18:46配信

日刊スポーツ

 16年小倉大賞典、七夕賞(ともにG3)を制したアルバートドック(牡6、須貝)が10日付で競走馬登録を抹消された。

【写真】小倉大賞典を制し松田博資師に最後の重賞タイトルを贈ったアルバートドック

 通算18戦5勝。総収得賞金は1億7586万9000円。ディープインパクト産駒で、今後はイタリアで種牡馬となる予定。

 欧州では同産駒のサクソンウォリアー(牡3、A・オブライエン)が昨年10月に英G1・レーシングポストトロフィーを制して今年の英ダービー馬候補に浮上するなど、ディープの血が注目されている。

最終更新:1/10(水) 21:06
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ