ここから本文です

バルサ、ネイマールで233億円!移籍利益ランク

1/10(水) 20:02配信

日刊スポーツ

 英紙デーリーメール電子版は10日、選手1人に対する移籍で最も多くの利益を出したのが、17年夏にバルセロナからフランス1部パリ・サンジェルマンへ加入したブラジル代表FWネイマールだったと報じた。

 バルセロナは13年にネイマールをブラジル1部サントスから4900万ポンド(約76億6000万円)での移籍金で獲得し、17年夏に1億9800万ポンド(約310億円)でパリサンジェルマンに放出。4年で1億4900万ポンド(約233億円)の利益を計上した。

 2位には今冬の移籍でバルセロナに加入したブラジル代表MFコウチーニョ。13年1月にインテルミラノからリバプールへ移籍金850万ポンド(約13億3000万円)で移籍。18年1月にバルセロナへ1億4500万ポンド(約227億円)で加入し、差額は136・5万ポンド(約213億円)となった。

 3位はマンチェスターUのフランス代表MFポグバ。12年夏に移籍金なしのフリーでマンチェスターUからユベントスに加入し、16年夏に移籍金8900万ポンド(約139億円)で古巣マンチェスターUに帰還した。

 1位ブラジル代表ネイマール 差額1億4900万ポンド(約233億円)【サントス→バルセロナ 4900万ポンド(約76億6000万円)、バルセロナ→パリサンジェルマン 1億9800万ポンド(約310億円)】

 2位ブラジル代表MFコウチーニョ 差額136・5万ポンド(約213億円)【インテルミラノ→リバプール 850万ポンド(約13億3000万円)、リバプール→バルセロナ (1億4500万ポンド(約227億円)】

 3位フランス代表MFポグバ 差額8900万ポンド(約139億円)【マンチェスターU→ユベントス 移籍金なし、ユベントス→マンチェスターU 8900万ポンド(約139億円)】

 4位フランス代表FWデンベレ 差額8100万ポンド(約127億円)【フランス1部レンヌ→ドルトムント 1350万ポンド(約21億1000万円)、ドルトムント→バルセロナ 9450万ポンド(約148億円)】

 5位ウェールズ代表FWベール 差額7600万ポンド(約119億円)【サウサンプトン→トットナム 1000万ポンド(約15億6000万円)、トットナム→Rマドリード 8600万ポンド(約134億円)】

 6位ポルトガル代表FWロナルド 差額6300万ポンド(約98億5000万円)【ポルトガル1部スポルティング→マンチェスターU 1700万ポンド(約26億6000万円)、マンチェスターU→Rマドリード 8000万ポンド(約125億円)】

 7位オランダ代表DFファンダイク 差額6200万ポンド(約96億9000万円)【スコットランド1部セルティック→サウサンプトン 1300万ポンド(約20億3000万円)、サウサンプトン→リバプール 7500万ポンド(約117億円)】

 8位ウルグアイ代表FWスアレス 差額5220万ポンド(約81億6000万円)【オランダ1部アヤックス→リバプール 2280万ポンド(約35億6000万円)、リバプール→バルセロナ 7500万ポンド(約117億円)】

 9位ベルギー代表FWルカク 差額4700万ポンド(約73億5000万円)【チェルシー→エバートン 2800万ポンド(約43億8000万円)、エバートン→マンチェスターU 7500万ポンド(約117億円)】

 10位元フランス代表MFジダン(現Rマドリード監督) 差額4500万ポンド(約70億4000万円)【フランス1部ボルドー→ユベントス 300万ポンド(約4億6900万円)、ユベントス→Rマドリード 4800万ポンド(約75億)】

最終更新:1/10(水) 20:04
日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合