ここから本文です

楽天梨田監督、星野氏は「偉大すぎる大先輩」 日本一へ「その道を辿っていく」

1/10(水) 8:53配信

Full-Count

献花台で1分間の黙祷、突然の訃報に「今でも信じられない」

 楽天の梨田昌孝監督が9日、楽天生命パーク宮城を訪れ、「『東北に日本一を』という思いで戦っていきたい」と誓った。

各球団発表、2017-2018年の引退、戦力外、自由契約、補強選手一覧

 午後から行われたスタッフ会議の前に、梨田監督は立花陽三代表取締役社長らフロント幹部、コーチ陣とともに4日に亡くなった星野仙一取締役副会長の献花台の前で1分間の黙祷を捧げ、献花をした。「今でも信じられない。現実として受け止められないという思いでいっぱいです」と心境を語った。現役時代から振り返り、「リーグが違っていたが、可愛がっていただいた。怖い方かなと思うと、すごくにこやかに話をする。ユニホームを着ている時は鬼のようでしたけど、笑顔が何とも言えない、すごく尊敬できる方だったなと思います」と偲んだ。 

 午前中には、この日から始まった新人合同自主トレを視察した。「ちょっと見ただけですけど、ルーキーは初々しい。たくましくなっていってほしい」と梨田監督。印象に残った選手として、ドラフト3位の山崎剛内野手、ドラフト6位の西巻賢二内野手の名前を挙げ、「フィールディングがうまく、軽快な動きだった」と話し、ドラフト4位の渡辺佑樹投手についても「ヒジ、肩、手首とすごく柔らかい投げ方をしている」と語った。 

 今季は特別なシーズンになる。昨季はレギュラーシーズンを3位で終了。クライマックスシリーズ(CS)はファーストステージを突破したものの、CSファイナルステージで敗退。星野副会長が指揮していた13年シーズン以来、4年ぶりの日本シリーズ進出はならなかった。 

「昨年は本当に悔しい思いをした。今年は優勝しかないと思っています」と梨田監督。「(星野副会長は)偉大すぎる大先輩。その道をたどっていきたい。フロント、現場、ファンの皆さんとともに『東北に日本一を』という思いで戦っていきたいと思います」と固く誓った。

高橋昌江 / Masae Takahashi

最終更新:1/10(水) 8:53
Full-Count