ここから本文です

中村紀洋氏インタ(下)子供たちに注ぐ情熱、NPBオファー来ても「行かない」

1/10(水) 9:40配信

Full-Count

子供たちへ情熱傾ける中村氏、熱い指導論「離れるまでは面倒を見たい」

「N’s method」で野球指導を務める中村紀洋氏へのインタビュー前編は、プロ野球生活を中心に語ってもらった。そこで得た経験と知識は今、指導の道でどのように生かされているのだろうか。そして、野球を通じて何を教え、伝えたいのか。ここでは、中村氏の指導理念と現在をお届けする。

各球団発表、2017-2018年の引退、戦力外、自由契約、補強選手一覧

「信用していたコーチから『振れぇ!』と言われて。『3球振って帰ってこい』で、ストライクを見逃したら怒られる。全部振ると『OK! それや!』って」

 中村氏がプロの世界へ飛び込んでからほどなくして叩き込まれたフルスイングの礎は、現在も野球指導を行う上での土台となっている。

「当てにいくとか、中途半端なことは絶対に勧めない。『思い切り振って3球振って帰ってきなさい。空振り三振でいいよ、次に生きるから』と教えています。プロ野球選手でもあの時やっておけばよかったと、どこかに後悔が残ります。後悔しないように、満足して野球人生を歩む。社会人になっても最終的には『よし、俺はよくやった』と思えるような努力をしてほしいと思います」

 野球から生き方を学んでほしい。そして、その過程では、勝つことも大事なのだと繰り返す。昨年12月2日、3日に行われた第1回中村紀洋杯中学硬式野球大会のスピーチでも、「勝ち」に力を込めた。

「負けると、次にやる気がなくなりますよね。スポーツだけでなく、社会に出ても。勝つためにどう動いていくかということを中学生ぐらいの時から体験すれば、いざ、そういう場に立ち向かった時に乗り越えてくれると思います。『耐えて勝つ』という言葉をいつも言っています。できると思うからチャレンジするわけで、最終的に勝つことを目標にする」

 そのために必要と考える要素は情の人らしく思えるが、それも物事を突き詰めて導き出されたものだ。

「勝つためには楽しまないと無理。勝ったから楽しいというわけではなく、楽しみながらやって勝てます。楽しくなかったら、勝てるものも勝てなくなる。勝てないのは例えば、指導者をずっと意識して、野球に集中できていないということもあるかもしれません。それを変えていきたい」

 代名詞のフルスイングに「理」を詰め込んだように、勝利するための手段として「楽しむ」の感情を喚起するのが指導者としての中村紀洋流だ。

「皆、自分の考えがあるから、それを変えるのは難しい。だから、その考えでやってもらいつつ、無駄なところを省く作業が『N’s Method』です。変えるとゼロからのスタートになるので。小学校から高校まで10年振ってきたバッターに、それを止めさせたら10年分損します。軸は一緒で無駄だけ省けばいい。それと頭。『どうすればボールが飛ぶか』、『自分に何が合っているか』と考えられるかどうか」

1/3ページ

最終更新:1/10(水) 17:15
Full-Count