ここから本文です

「飛行を自粛すると思ったら…」 不時着ヘリ、辺野古周辺で旋回訓練

1/10(水) 10:30配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ周辺でも9日午後3時前から2時間以上、UH1と8日に読谷で不時着したAH1の米軍ヘリがそろって旋回訓練を続けた。久志に住む男性(75)が特有のエンジン音を聞いて自宅を飛び出すと、2機編隊は時折真上を通過。「飛行再開の説明すらなかった。信じられない」と憤った。

【表】2016年12月のオスプレイ墜落事故以降に起きた沖縄関連米軍機事故

 ゲート前で新基地建設に抗議した男性(53)=那覇市=は「とんでもない話。沖縄への配慮が感じられない」。69歳の女性=同=も「トラブルが相次ぎ、飛行を自粛するかと思ったが真逆だ。県民感情を逆なでしている」と批判した。

 抗議行動を率いた沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「何も言えないのは日本政府の責任だ」と指摘した。

最終更新:1/10(水) 10:35
沖縄タイムス