ここから本文です

生産技術研究棟を新設 来年1月、日本曹達高岡工場

1/10(水) 1:45配信

北國新聞社

 日本曹達(東京)は、化学品や農薬の主要な製造拠点である高岡工場(高岡市)に生産技術の研究棟を新設する。同工場内で分散している研究施設を統合し、研究開発を効率化する。3月に着工し、来年1月完成を見込む。

 新研究棟は2階建てで延べ床面積は約1700平方メートル。検査分析棟に隣接して設ける。化学品や農薬の製造技術の研究や改良、新製品の工程や製造設備の設計、国内外のグループ企業への製造技術支援を実施している。複数の研究施設を集約し、実験設備と人材の有効活用を促す。

 検査分析棟と合わせた総投資額は約10億円を見込む。研究開発を効率化することで、新製品の開発促進と国内外の市場への早期投入につなげる。

北國新聞社

最終更新:1/10(水) 1:45
北國新聞社