ここから本文です

シメオネ監督はD・コスタ復帰に喜び「近年加入した中で最も重要な選手」

1/10(水) 19:11配信

SOCCER KING

 2018年に入り公式戦3戦連続クリーンシートに3試合で9得点と、攻守両面で最高のスタートを切ったアトレティコ・マドリード。ディエゴ・シメオネ監督は、冬の移籍市場で加入した2人の新戦力に大満足のようだ。

 アトレティコ・マドリードは、昨年夏の移籍市場ではFIFA(国際サッカー連盟)から科された補強禁止処分により選手を獲得できなかった。しかし、7月にはセビージャからMFビトーロの獲得が、9月にはチェルシーからFWジエゴ・コスタの復帰がそれぞれ事前内定。2人のスペイン代表は、処分が解けた今年1月の移籍市場で満を持して加入した。

 このうち、ラス・パルマスでの半年間のローンを挟んで入団したビトーロは、9日にホームで行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦セカンドレグのジェイダ戦で加入後初のフル出場。シメオネ監督も期待通りのプレーに喜びを表した。

「ビトーロは非常に良い試合をしてくれた。チームが求めている役割に一歩一歩慣れて来ている。今日は彼のプレーを軸にチームが動いたことは明らかだった。ボールコントロールやターンが素晴らしく、サイドからも中央からも効果的な攻撃をしてくれる」

 一方、3年半ぶりにアトレティコ・マドリードに戻ってきたD・コスタは、3日に行われたジェイダとのファーストレグ、6日に行われたヘタフェとのリーガ・エスパニョーラ第18節と、復帰からいきなり2試合連続ゴール。水を得た魚のように決定力を発揮するストライカーを、シメオネ監督は手放しで称賛している。

「彼は近年アトレティコに加入した中で最も重要な選手だ。私はその事に全く疑いを持っていない」

 リーガ・エスパニョーラは現在、覇権奪回を目指すバルセロナが首位を快走する一方、現王者のレアル・マドリードは16ポイント差の4位に低迷。9ポイント差の2位につけるアトレティコ・マドリードは、バルセロナの対抗馬筆頭として期待が寄せられている。シメオネ監督は、「我々はレアル・マドリードに代わる存在ではない。目の前の試合を全力で取りに行くだけだ」との姿勢を崩していないが、追撃するチームで最もプラス要因が多いのも事実。バルセロナにプレッシャーを掛け続け、優勝争いを面白くしてほしいところだ。

文=北村敦

SOCCER KING

最終更新:1/10(水) 19:11
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報