ここから本文です

山形で伝説作った2年半…今年40歳のGK山岸、レンタル先の北九州へ完全移籍

1/10(水) 10:39配信

ゲキサカ

 ギラヴァンツ北九州は10日、モンテディオ山形から期限付き移籍しているGK山岸範宏(39)が完全移籍で加入することを発表した。

 山岸は2001年のプロ入りから13シーズン半を過ごした浦和を離れ、2014年6月に山形へ期限付き移籍。翌2015年に完全移籍で加入した。山形では2014年のJ1昇格プレーオフ準決勝・磐田戦(2-1)で後半アディショナルタイムにCKからヘディングで決勝点を挙げるなど、4年ぶりのJ1復帰に貢献。J2降格となった2016年シーズンもリーグ戦41試合に出場したが、2017年に北九州へ期限付き移籍していた。

 今年5月17日に40歳の誕生日を迎える守護神は、クラブ公式サイトを通じて「モンテディオ山形でプレーさせていただいた2年半の中でJ1昇格やクラブ初の天皇杯準優勝などの嬉しかった事、また逆になかなか結果が出せない時期の悔しさや困難…その全てが共に戦ったサポーターの皆さまに支えられて私のキャリアの中での財産になりました」と感謝。

 続けて「40歳を迎える今シーズンも現役を続けさせていただけるのは、モンテディオ山形でプレーさせていただけたからこそだと思ってます。サポーターの皆さまの前で直接御礼のご挨拶が出来なかったのが心残りではありますが、今シーズンの私が元気にピッチでプレーする姿をご覧いただけたらと思います」と活躍を誓った。

 また、北九州に対しては「今シーズンは北九州に完全移籍してプレーさせていただく事になりました。昨シーズン、クラブとしての目標を達成出来なかった悔しさを忘れる事なく、チームの勝利、またその先にある昇格の為に自分の持てる全てを注いでいく覚悟です」と力強くコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●GK山岸範宏
(やまぎし・のりひろ)
■生年月日
1978年5月17日(39歳)
■身長/体重
185cm/88kg
■出身地
埼玉県
■経歴
大里中-熊谷高-中京大-浦和-山形-北九州-山形
■出場歴
J1リーグ:171試合
J2リーグ:65試合
J3リーグ:17試合
カップ戦:43試合
天皇杯:32試合

最終更新:1/10(水) 14:21
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合