ここから本文です

板倉滉の先制弾守り抜き白星スタートも…モヤモヤ感残る森保J

1/10(水) 22:23配信

ゲキサカ

[1.10 AFC U-23選手権 U-21日本 1-0 U-23パレスチナ 江陰]

 AFC U-23選手権グループリーグ第1戦が10日に行われ、U-21日本代表がU-23パレスチナ代表と対戦。前半20分にMF板倉滉(仙台)の得点で先制した日本は、そのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。白星スタートを切った日本は、13日に行われる第2戦でタイと対戦する。

 森保ジャパン公式戦初戦となるU-21日本代表は、システムは3-4-2-1を採用。GKにGK小島亨介(早稲田大)、最終ラインは右からDF庄司朋乃也(金沢)、DF立田悠悟(清水)、板倉、ボランチにMF井上潮音(東京V)、MF神谷優太(愛媛)、右アウトサイドにMF藤谷壮(神戸)、左にMF浦田樹(北九州)を配置し、シャドーにMF三好康児(札幌)、MF岩崎悠人(京都)、1トップにFW小松蓮(産業能率大)を並べた。

 前半6分にゴールを脅かしたのは日本だった。右サイドを突破した藤谷のクロスのこぼれ球を、ゴール前の小松が拾ってキープすると、落としに走り込んだ井上がミドルレンジから右足を振り抜く。勢い良く飛び出したボールはゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーを叩いて先制点を奪うには至らなかった。

 その後も攻勢を掛ける日本は前半11分、最終ラインでボールキープした板倉が寄せてくる相手選手を一人かわしてドリブルで持ち上がりフィニッシュまで持ち込むが、GKの正面を突いてしまう。さらに同13分には、一気の加速で右サイドを駆け上がった藤谷のクロスの流れから三好が狙うも、ボールは枠上に飛んでしまった。だが同20分、井上とのワンツーから再び前線まで持ち上がった板倉が、右足のシュートでネットを揺らして日本が先制に成功した。

 1-0と日本がリードしたまま後半を迎えると、日本の攻撃は停滞し、パレスチナにゴールに迫られる場面を作られる。しかし、粘り強い対応で得点を許さずに試合を進めると、同18分に日本ベンチが動き、小松に代わってFW田川亨介(鳥栖)が投入される。だが攻撃の形を構築できずにフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続くと、同35分には三好に代えてMF高木彰人(G大阪)がピッチへと送り込まれる。

 後半41分にはカウンターから危機を招いたものの、FWユセフのシュートが枠を捉えずに難を逃れた。その後もパレスチナの反撃を許さずに失点こそ喫しなかったものの、後半はチャンスらしいチャンスを作れない。同アディショナルタイムに浦田に代えてMF遠藤渓太(横浜FM)を投入するも、スコアは動かずに1-0のまま試合終了のホイッスルが吹かれた。

最終更新:1/11(木) 2:27
ゲキサカ