ここから本文です

入館者数「まずまず」道後温泉3施設 松山市長会見

1/10(水) 8:00配信

愛媛新聞ONLINE

 2017年9月にオープンした飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)を含む道後温泉3館がそろった初めての年末年始(17年12月29日~18年1月3日)の入館者数について、愛媛県松山市の野志克仁市長は9日の定例会見で「まずまず。飛鳥乃湯泉は目標くらいの数値が出ており、市民と一緒に育てていきたい」と述べた。3館計3万7268人で、2館だった前年度同期間比で31.4パーセントの増加だった。
 市道後温泉事務所によると、入館者数は本館1万9874人(前年度2万275人)▽椿の湯7572人(同8087人)▽飛鳥之湯泉9822人。本館の耐震改修工事は早ければ今秋以降に始まる予定で、文化庁と補助金申請などについて協議している。
 17年11月に市中心部の商店街などで乗用車が暴走した事件を受け、市は12月に商店街関係者や県警と商店街への車両進入防止策について意見交換会を実施。野志市長は「市でも対策案を検討しており、地元商店街と協議を進めている」とした。

愛媛新聞社

最終更新:1/10(水) 8:00
愛媛新聞ONLINE