ここから本文です

「前の感覚に戻ってきた」小平智は“エース”復活で優勝争いに自信

1/11(木) 14:56配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇10日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

【連続写真】ドライバー巧者・小平智のキモはインパクトでの左カカト

昨年末、つかみ損ねたマスターズ出場へ、年明けからエンジン全開だ。ハワイにあるワイアラエカントリークラブを舞台に米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が現地時間の11日(木)に開幕。現在、世界ランク51位につける小平智は、開幕前日の10日(水)はプロアマ大会に出場。「いい感じで来ている」と上位進出に自信をのぞかせた。

開幕前週の4日(木)からハワイ入りしたという小平。「去年から前もって現地に入るようにしているが、それでよいプレーができました。今年は年末年始もずっとゴルフをしていますし、ショット全体がよくなっています」。昨年大会、小平は予選ラウンドで6位タイと好プレーを披露。最終結果は49位タイに終わったが、途中まで上位争いに絡んだ経験が今の自信につながっている。

「ショットがよかったときの前の感覚が戻った気がします。昨年は日本オープンでドライバーが割れて、それに代わるドライバーを調整する中で、スイングを悪くして、調子を落としてしまいました。それがなにより悔しくて…。でも、やっとフィーリングのいいクラブを見つけたので、試合で使うまでなんとも言えないけど、ちゃんとスイングできればいい結果が出せると思う」。シーズン途中で失った“エース”に代わるドライバーが完成間近なことも、小平の好調を後押しする。

小平といえば、17年シーズン終了後、3月に入籍した妻の古閑美保と盛大な結婚式を挙げた。「本当に緊張しましたよ(笑)。そのときは忙しかったですけど、美保がいろいろ準備してくれて、ボクの負担を少なくしてくれたので、しっかり調子を維持してここまで来られました」。内助の功も、ショット好調の要因だ。

「結婚式も終わって、ホッとしていますし、ゴルフにも集中できる。今年は勝負の年だと思うのでしっかりポイントを稼いでいきたい」。今年は欧州を含む海外の試合に積極的に参戦し、目標とする米ツアー進出を目指す。まずは今大会で結果を残し、弾みをつけたいところだ。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>