ここから本文です

クルーズ船、清水寄港を 静岡市長、14日から訪米し要請

1/11(木) 7:48配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市の田辺信宏市長は10日の定例記者会見で、多くのクルーズ船社が拠点を置く米国4都市を14~20日に訪問して清水港をトップセールスし、寄港を要請すると発表した。

 訪ねるのはロサンゼルス、マイアミ、サンタクラリタ、フォートローダーデールにある六つの船社。清水港の国際クルーズ拠点形成事業で県と連携するゲンティン香港のほか、これまで寄港実績のない船社も含まれる。清水港の港湾能力の高さ、富士山を中心とした静岡市や周辺地域の観光資源をPRし、ツアーコースなどを提案する。清水港客船誘致委員会の望月薫会長らが同行する。

 市によると、外国船社の運航計画は2~3年先を見越して作られ、継続的なポートセールスが重要という。田辺市長は「(船社側が)2020年の日本寄港を仕込んでいるタイミングで、ぜひ清水港を(売り込みたい)。トップセールスのインパクトは絶大。静岡市は世界でオンリーワンの都市だと説明したい」と述べた。

静岡新聞社