ここから本文です

<JR福島駅>「合格きっぷ」に誤記 「あえて表記?」

1/11(木) 8:54配信

毎日新聞

 JR福島駅が受験生を励まそうと、毎年用意している「合格祈願きっぷ」に誤記があり、無料配布を急きょ中止した。激励の言葉に路線名を引用する中で、長野県などを走る「小海線」を「小梅線」と誤ったためで、もらった人からJR東日本に「あえて縁起が良い梅と表記したのか」と指摘があり発覚した。

 きっぷ(縦4センチ、横10センチ)は福島市の福島稲荷神社で祈とうを受けた縁起物で、毎年、受験のお守り代わりとして配っている。実際の乗車には使えない。

 今年は、表面にJR東日本管内の北上と桑折、佐倉、佐久平の4駅を記し「来た神 降臨 桜咲く」と語呂で読ませて激励と合格祈願を表現した。4駅の路線名も紹介する中で、佐久平駅について「小梅線」と誤記した。

 福島駅で8日午前10時から駅員が配り、正午前に間違いの指摘を受けて配布を中止。用意した5000枚のうち計327枚を福島駅などで配った。苦情などはないという。

 JR東日本福島支店の担当者は「多くの人に足を運んでもらったにもかかわらず、誤りがあり大変申し訳ない。引き続き、受験生を応援したい」と話している。

【岸慶太】

最終更新:1/11(木) 8:54
毎日新聞