ここから本文です

月面探査、日本の「HAKUTO」間に合わず インドの相乗りロケット調整つかず

1/12(金) 7:15配信

SankeiBiz

 民間初の月面探査を競う国際レースに参加している日本のチーム「HAKUTO(ハクト)」は11日、探査車を載せたロケットの打ち上げが期限の3月末までに不可能となった、と発表した。ハクトの探査車は同じレースに参加するインドの「チームインダス」の月着陸船へ相乗りを予定していたが、インダス側とインド宇宙研究機関(ISRO)のロケットとの間で調整がつかなかったことが原因という。

 インダスの調整失敗について、ハクト広報担当の秋元衆平氏は「資金不足と開発の遅れによる、複合的理由ではないかと推測している」と述べた。

 ハクトは、レース「グーグル・ルナXプライズ」を主催するXプライズ財団(米国)に対し、期限の延期を申し入れている。

 ハクトはアイスペース(東京都港区)が運営し、KDDIや日本航空、スズキなどが資金・技術面で協力。レースは月面着陸後に500メートル以上移動したり、動画データを地球に送信するなどの課題を競う。

最終更新:1/12(金) 7:15
SankeiBiz