ここから本文です

〔東京株式〕続落=米株安、円高を嫌気(11日前場寄り付き)

1/11(木) 9:30配信

時事通信

 【第1部】米国株安や円高進行を嫌気した売りで、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)とも続落して始まった。
 トヨタ、ホンダ、日産自が売られ、任天堂は反落。ソフトバンクG、ファナックの値がさ株が下押し、ソニー、東エレク、キーエンスは安い。コマツが軟調、信越化、SUMCO、日本電産の半導体関連株もさえない。半面、三菱UFJ、三井住友、りそなHDが買われ、良品計画は上伸。日本郵政が値を上げ、ファーストリテは反発。NTTが堅調、ヤマトHDはしっかり。

最終更新:1/11(木) 11:28
時事通信