ここから本文です

【韓国】仁川空港第2T、18日に営業開始

1/11(木) 11:30配信

NNA

 仁川空港の第2ターミナルが18日、営業を開始する。同空港の利用客は昨年初めて6,000万人を超えた。2月には平昌冬季五輪の開催で一時的に利用客の急増が見込まれる。第2ターミナルの開港で旅客への対応力を上げ、「アジアのハブ空港」として再飛躍を目指す。
 仁川空港は2001年3月に開港し、これまでは1つのターミナルで運営されてきた。しかし、北東アジアを往来する旅客が急増し、格安航空会社(LCC)の相次ぐ登場で旅客処理能力は限界に達した。2月の平昌五輪も見据え、13年9月から第2ターミナルの建設を進めてきた。
 第2ターミナルには大韓航空と米デルタ航空、仏エールフランス、オランダ・KLMオランダ航空の4社が就航する。ただ、共同運航便の場合はこれらの航空会社でも第1ターミナルを利用する場合がある。
 第2ターミナル開港に合わせ、ソウル・首都圏各地からのリムジンバスの路線に第2ターミナル停留所が追加される。ソウルから利用する場合、これまで終点が第1ターミナルだったが、18日以降は第1ターミナルに停車後、新しい終点の第2ターミナルまで運行することになる。反対にソウル市内に向かうバスは、始発点が第2ターミナルとなる。
 空港鉄道とKTXも第2ターミナル駅が新設される。

最終更新:1/11(木) 11:30
NNA