ここから本文です

【WWE】中邑が元SD女子王者のナタリアと組み男女混合タッグT出場

1/11(木) 16:41配信

東スポWeb

【アラバマ州バーミンガム9日(日本時間10日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が行われ“ロックスター”中邑真輔(37)が、16日から開幕する男女混合タッグトーナメント「ミックスド・マッチ・チャレンジ」(12チーム参加)に元SD女子王者ナタリア(35)とのチームで出場することが決定した。

 中邑はこの日、ランディ・オートン(37)、AJスタイルズ(40)と組んでケビン・オーエンズ(33)、サミ・ゼイン(33)の嫌われ者コンビとハンディキャップ戦を敢行。反則裁定の末に再戦となり、最後は中邑のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)を受けたオートンがRKOでゼインを沈め、SD最強トリオが圧倒的強さを見せた。WWE王者のAJはPPV大会「ロイヤルランブル」(28日、ペンシルベニア州フィラデルフィア)でオーエンズ、ゼインとハンディキャップ王座戦を行うが、中邑とオートンがVを後押しした格好だ。

 さらに中邑はバックステージでナタリアに対し「俺と組んでトーナメントに出ないか?」と提案。ナタリアは歓喜の声を上げて快諾し、ロックスターと熱いハグを交わした。中邑はNXT時代に男女混合6人タッグマッチを経験しているが、SD昇格後は初となる。

 ナタリアはプロレスの名門・ハート一家出身で祖父はカナダのプロレス界のドンだったスチュ・ハート、父親は元WWEのジム・ナイドハートという超エリートだ。トーナメントにはフィン・ベイラー(プリンス・デヴィット=36)が元ロウ女子王者のサーシャ・バンクス(25)と、アスカ(華名=36)はザ・ミズ(37)と組んで参戦が決まっている。WWEの新たな試みは、中邑の参戦により一気に盛り上がりそうだ。

最終更新:1/11(木) 16:41
東スポWeb