ここから本文です

ソニーのアイボ復活=ペットロボ、よりリアルに

1/11(木) 12:33配信

時事通信

 ソニーの犬型ペットロボット「aibo(アイボ)」が11日、復活した。1999年に発売された初代アイボのシリーズは、ペットロボの先駆けだったが、2006年に生産を終了した。新型アイボは、人工知能(AI)と通信機能を搭載し、「飼い主」によって行動が変わるなどリアルなペットに近づいた。鳴き声の「ワンワン」にちなみ、戌(いぬ)年の1月11日に発売となった。

 発売を記念し、ソニー本社では購入者約40人を招いて「誕生セレモニー」が開催された。購入者らは、予約していたアイボを受け取ると、「この日を楽しみに待っていた」「初代アイボと遊ばせたい」と笑顔を見せた。

 昨年11月にインターネットで予約を始め、既に予定販売数に達しており、発売日だが店頭での販売はない。今後も生産状況に応じ、当面はネットで扱っていく予定だ。価格は3年間の通信料を含め約30万円。 

最終更新:1/11(木) 15:27
時事通信