ここから本文です

でんぱ組・古川未鈴 ゲーマーゆえの悩み「世間話ができる能力が欲しい」

1/11(木) 17:51配信

東スポWeb

「でんぱ組.inc」の古川未鈴(年齢非公開)が11日、都内で行われたアーケードゲーム「ボーダーブレイク」の新プロジェクト発表会に出席した。

 2009年にアーケードゲームとして登場したロボット対戦型ゲームで、同作の大ファンという古川は、今年PlayStation4で発売することが発表されると「ゲームセンターではなく、家でやりたいという思いはあった。実現したのは『ボーダー(ブレイク)』の歴史を変えるようなものです」と興奮気味に話した。

 普段からゲームが大好きという古川は「地方でライブをやるときにはその土地のゲームセンターに行く」という。ファンに気づかれているかもしれないというが、「私よりもゲームが目的でしょうから、話しかけられることもない」とさらりと答えた。

「ボーダーブレイク」はいろいろな装備をカスタマイズするのも楽しみの一つ。8年前からのめりこんでいるという古川は、自分自身をカスタマイズするとすれば何を装備するかと聞かれると「世間話ができる能力が欲しい」とのこと。「普段、ゲームのことしか話せないので、ゲームという共通の話題がないと話ができないんです。マネジャーさんやスタッフさんと一緒にいるとき、ゲーム以外の話ができない。普通の会話を普通にできれば、より豊かな人生が送れる気がする」と笑わせた。

 グループとしては、昨年末の大阪城ホールのコンサートで鹿目凛(21)と根本凪(18)の2人の新メンバー加入が発表され、7人組として活動していく。古川は「この夏はフェスなどに出演できると思うので、ぜひライブを見に来て」とアピールした。

最終更新:1/11(木) 17:58
東スポWeb