ここから本文です

Razer、スマホをトラックパッド代わりにはめ込むAndroidノートPC「Project Linda」

1/11(木) 12:12配信

ITmedia Mobile

 ゲームデバイスメーカーの米Razerは1月9日(現地時間)、「Razer Phone」をはめ込んで使う“ノートPC”「Project Linda」のコンセプトを発表した。発売時期などはまだ不明だ。

Lazer Phoneをはめる

 Razer Phoneは、2017年11月に発表した同社初のAndroidスマートフォン。プロセッサは米Qualcommの「Snapdragon 835」、メモリは8GB搭載する。Project Lindaは、この5.72型端末をキーボードの手前にドックのようにはめ込み、トラックパッドや2つ目のディスプレイとして使う。つまり、AndroidベースのノートPCになる。

 デモ動画(記事末に転載)では、米AppleのMacBook Proの「Touch Bar」のように、写真アプリの画像編集ツールとして使ったり、モバイルゲームをキーボードやマウスを使ってプレイする様子が紹介されている。

 本体のディスプレイは13.3型(2560×1440ピクセル)、ストレージは200GBで53.6Whのバッテリーを搭載する。ポートはUSB-A、USB-C、3.5mmオーディオジャックを各1備える。キーボードはフルサイズでマウスも使える。厚さは15mmで、重さはRazer Phoneをはめた状態で1.25kgだ。

最終更新:1/11(木) 14:30
ITmedia Mobile