ここから本文です

【スターダム】紫雷イオ「大江戸隊は単なる盛り上げ部長。中野たむを追放する!」

1/11(木) 20:38配信

東スポWeb

 女子プロレス「スターダム」は11日、都内で会見し「5対5勝ち抜き戦 ルーザー・リーブ・ユニットマッチ」(21日、東京・後楽園ホール)で激突する「クイーンズ・クエスト(QQ)」と「大江戸隊」が火花を散らせた。

 試合はQQ(紫雷イオ、HZK、渡辺桃、AZM、バイパー)と大江戸隊(花月、木村花、クリス・ウルフ、中野たむ、夏すみれ)が5対5の勝ち抜き戦を行い、5番手に出場選手が敗れた場合は試合終了となり、その選手はユニットから強制脱退となる過酷なルールで行われる。

 この日行われた抽選会でQQを率いるイオは2番手で、大江戸隊のボス・花月は3番手での出場が決定。脱退のリスクを背負う5番手は、それぞれ渡辺(QQ)と中野(大江戸隊)に決まった。

 この試合から復帰する中野のトレードマークであるパンダのかぶり物で登場した大江戸隊は「大江戸隊がスターダムの中心になっている。お口も悪い、頭も悪い、性格も悪いユニット(QQ)はいらない。21日になくしましょう。ジャマです」(花月)と予告。

 一方のイオも「努力だけは認める。その努力は人気者だと勘違いして本筋をブン投げているところ。そういう型破りなことをするのは、もともと型を持ち、実績を残している人がやること。コイツらは単なる宴会盛り上げ部長。私が2番から中野たむまで潰して、中野たむを大江戸隊から追放します」と応戦し、両軍とも一歩も譲らなかった。

最終更新:1/11(木) 20:44
東スポWeb