ここから本文です

「Wホテル」日本初進出へ 2021年2月、南船場に /大阪

1/11(木) 18:09配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大阪・南船場の御堂筋沿いに2021年2月、デザイン性の高さで知られるラグジュアリーホテル「W(ダブリュー)ホテル」が日本初進出となる「W OSAKA」(大阪市中央区南船場4)を開業する。(なんば経済新聞)

「W OSAKA」の立地

 「W OSAKA」は地上27階、地下1階の新築ホテルで、敷地面積は2544平方メートル。「エクストリームWOWスイート」(1室)、「WOWスイート」(2室)をはじめとした50室のスイートを含む337室の客室のほか、レストラン、バー、プール、フィットネスセンター、スパ、ボールルーム、会議室を備える。事業主は積水ハウスで、設計顧問は安藤忠雄さんが務め、マリオット・インターナショナル(米メリーランド州)がホテルを運営する。

 マリオット・インターナショナルは「ザ・リッツ・カールトン」「セント レジス」「マリオット・ホテル」「ウェスティン」「シェラトン」「コートヤード」など30のホテルブランドを展開しており、昨年11月には本町に同じく日本初進出となった「モクシー大阪本町」を開業したばかり。「Wホテル」は「ザ・リッツ・カールトン」「セント レジス」などと並ぶラグジュアリーブランドに位置し、「斬新でスタイリッシュなデザイン」を特徴とする。

 Wホテルワールドワイド グローバルブランドリーダーのアンソニー・インガムさんは「日本ではオリンピックまでにさまざまなイベントが控えており、世界からの注目度も高まっている。大胆で革新的なWホテルブランドを導入するのは、日本全体が盛り上がっているこの時期が最適であると感じている」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク