ここから本文です

福島千里がセイコー入社 山県亮太と“超速タッグ”「一番の刺激」

1/11(木) 12:39配信

デイリースポーツ

 陸上女子100、200メートル日本記録保持者の福島千里(29)が11日、セイコーホールディングスへの入社を発表し、都内で会見を行った。昨季からプロに転向したが、所属が決まっていなかった。「感謝の気持ちでいっぱい。なじみ深いセイコーとともに、セイコーのゴールタイマーで日本記録を更新することを目標に頑張りたい」と意気込みを語った。

【写真】美人元陸上選手がボート転身 テレビ番組見て「いける」

 昨季は日本選手権の連覇が途絶えるなど不調に終わった福島だが、昨夏にセイコー所属の山県亮太(25)と一緒に練習したことがきっかけとなり、自身も同社に所属することになった。

 福島は「今まで一人で練習メニューをこなしてきたが、一緒にやる仲間がいるのは心強い。憧れの速い選手の練習を間近で見られるのは一番の刺激で勉強になる。陸上選手として幸せ」と喜びの表情。ゲストとして登場した山県も「ずっと女王であり続けたトップの先輩なので、刺激になるし勉強になる」と相乗効果を明かした。

 昨季は不調に終わった福島だが、所属決定を機に巻き返しを図る。「2020年東京五輪を目標に、今年は日本選手権優勝、アジア大会金メダル、日本記録更新の3つを目指して、セイコーと一緒に頑張りたい」と気合を入れた。