ここから本文です

スピードスケート・小田選手が茨城知事表敬 平昌五輪「2種目でメダル目指す」

1/11(木) 7:55配信

産経新聞

 2月9日開幕の平昌五輪のスピードスケートで日本代表として出場する小田卓朗選手(25)が10日、大井川和彦知事を県庁に表敬訪問し、五輪での活躍を誓った。小田選手は水戸市白梅の建設コンサルタント業「開発計画研究所」に所属し、五輪では1000メートルと1500メートルに出場する。

 県スケート連盟の所属選手が五輪に出場するのは初めて。小田選手は昨年12月のワールドカップに出場し、1000メートルと1500メートルで日本記録を更新するなど好調を維持している。大井川知事は「体調を整えて実力を発揮してもらいたい」とエールを送り、小田選手は「県民の皆さんのサポートのおかげで五輪出場のチャンスを得られた。平昌の舞台でベストのパフォーマンスを発揮します」と応じていた。

 小田選手は、記者団の取材に対し「五輪に向けて筋力や持久力を鍛えてきた」と自信をのぞかせ、「2種目でのメダル獲得を目指す」と力強く宣言した。

最終更新:1/11(木) 7:55
産経新聞