ここから本文です

「着物でいい思い出を」 はれのひ被害者に着付け無料で

1/11(木) 19:27配信

朝日新聞デジタル

 着物の販売・レンタルを手がける横浜市の「はれのひ」が店を閉じ、成人式で晴れ着を着られない人が出たことを受け、西陣織の生産者でつくる西陣織工業組合(京都市上京区)は被害を受けた人たちに着物体験を無料提供すると決めた。

 フェイスブックで募集を始めた。京都での振り袖のレンタルや着付けのほか、組合主催の着物ショーに出演する機会も提供する。

 辻本泰弘専務理事は今回の問題について「新成人だけでなく着物の作り手の思いも踏みにじる行為で、許せない。成人式の代わりにショーに出て、着物でいい思い出を作ってほしい」と話す。問い合わせは同組合(075・432・6131)。

朝日新聞社